• IntensiveCare Club

【集中治療医訪問】武居哲洋先生(横浜市立みなと赤十字病院)

最終更新: 2月25日



今回、田中竜馬医師は横浜市立みなと赤十字病院を訪問し、救命救急センター長で副院長の武居哲洋先生にお話をお聞きしました。


田中先生が「スーパーマンのよう」と形容する武居先生は、救急・集中治療の分野のジェネラリストであるだけでなく、終末期医療やPICS(Post Intensive Care Syndrome)、医療経済など、さまざまな分野に造詣の深い方なのです。田中先生曰く「常に先を考えている非常に視野の広い方」なのだそうです。


そんな武居先生から、今回は救急・集中治療でのジェネラリストとスペシャリストの関係や、終末期医療への取り組み、PICS、チーム医療など幅広くお話をお聞きすることができました。職種を問わず、急性期医療に携わる方にとっては非常に有意義なお話です。


みなと赤十字病院の特色についてもお話し下さっています。「研修の受け入れは大歓迎!」となんともありがたいことをおっしゃっていただきましたので、集中治療の経験を積みたいと考えておられる方にも朗報ではないでしょうか。


武居先生、今回はお忙しいところありがとうございました。