【集中治療医訪問】 小谷透先生(昭和大学)

August 5, 2017

 

集中治療医訪問」です。

 今回は田中竜馬医師が呼吸療法の師匠と(勝手に)師事する昭和大学の小谷透先生にお話をうかがいました。昭和大学では、日本初となるeICUの導入実証研究をおこなっており、小谷先生とのお話はそのeICUのコントロール室で行われました。田中先生も米国の施設ではeICUに関わっているため、昭和大学の施設を見せていただくのを楽しみにしていたようです。今回も田中先生はうきうきと小谷先生に会いに出かけていました。

 集中治療の中でもとりわけ呼吸管理に造詣の深い小谷先生からは、ARDS診療の歴史的な流れもお聞きすることができました。日本の集中治療医が、さまざまな研究が行われる前にすでに先取りした診療していたというお話は非常に興味深いです。いくつもの施設で中心となってICUの立ち上げをされてきた小谷先生ならではのICUの仕組み作りやスタッフ教育、eICUの取り組みなどのお話は、ICU診療に携わる方々の参考になるのではないでしょうか?小谷先生の語り口はソフトですが、お話の内容からは熱いハートでICU診療に取り組んでこられたことがうかがえます。それでは、お二人の熱い集中治療談話をどうぞ。

 小谷先生、お忙しいところありがとうございました。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload